「アートとお金」イベント開催報告

6月10日(月)、洋食 黒船亭(K-Space)にて藝を育むまち同好会主催の6月のトークイベントが開催されました。

当日は雨模様でしたが、多くの方にいらっしゃっていただき、会も盛況でした。いま何かと話題の「アートとおカネ」をテーマに現役藝大生やアーティスト、ギャラリー運営の方をお招きし、三者三様のお話をうかがいました。

まずはトップバッターは一ノ瀬さん、東京藝術大学博士課程に在籍中のアーティストの方です。アートとしての資産運用も行い、ビットコインのバブル崩壊で相当ダメージを負ったようです。彼のお嫁さんから借金をして甚大な被害を免れたとのことです。

藝育会として、経済的な投資としてのアートよりも、身近な予算で、狭い家の中でも置ける精神的なアートの投資の魅力をプレゼンしました。

続いて、オオシマリカさんの発表です。オオシマさんは現在東京藝術大学の学部4年生です。グループ展や個展で発表してきたご自身のキャリアを紹介しつつ、その過程でギャラリストと相談しながら価値が上がっていくプロセスをご紹介してくださいました。

アーティストの山田勇魚さんは、クジラで有名な作家です。付喪神シリーズというモノに宿る魂をモチーフに活動しています。今回は、作品の制作過程とそれにかかる経費を解説してくださいました。わかりやすく図解付きという大変赤裸々なアートとお金のプレゼンをしていただきました。

ラストバッターは、銀座でギャラリーを経営されている佐々井智子さんです。プロの現場の第一線で活躍される佐々井さんから、芸術作品を価値付けるギャラリーとアーティストとの関わりのケースが紹介されました。

質疑応答では、アートを買う意味として、オフィスにあるだけでクリエイティブなイノベーションが生まれやすくなること。一件、案件が当たれば数千万円のリターンがあるので、それに比べればアートはリズナブルなモノだと思う、という意見もでました。

アーティストにとって作品が売れた瞬間の気持ちはどのようなものか?アートをファッションのように身近なものにする経験の素晴らしさなど、様々な視点からの意見が出て大いに盛り上がりました。

上野のれん会として、半世紀以上も、この上野界隈でアートと関わりを持つ須賀光一さんにお話を伺い、乾杯のご発声をいただきました!

代表も須賀さんのオーラにたじたじ!?

美味しいお料理に舌鼓を打ちながら懇親会です。若手アーティストとの交流も藝育会の醍醐味の一つです。ここからしばしばイノベーションが生まれます!

今回もお越しくださりありがとうございました。

引き続き、藝育会では楽しいイベントを月1回ペースで開催しております。皆さんのご参加を心よりお待ちしております。

【トークイベント「アートとおカネ」】のお知らせ

藝を育むまち同好会、6月のトークイベントはいま何かと話題の「アートとおカネ」がテーマです。アーティストや評論家、ギャラリー運営の方々をお招きし、様々な観点からアートとお金の関係について語っていただきます。江戸から続く歴史と伝統のある上野界隈で「世に銭より面白きものはなし」なトークをアートを軸にディスカッションします。若手アーティストの生計事情から、どのような経緯でプロとして自立できるのか、ギャラリーの役割や投資としてのアート、アートの買い方まで赤裸々に語る90分。ぜひご参加していただければ幸いです。

当日の飛び入り参加も大歓迎です!

ご参加をご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。
https://forms.gle/tLCTetivjbKRADsh8

藝育会「アートとおカネ」特設ページ
http://geiikukai.com/artandmoney/

===
「アートとおカネ」

開催日: 6月10日(月)18:00〜19:30

開催地: 洋食 黒船亭(K-Space) 
    東京都台東区上野2丁目13−13 キクヤビル7F

参加費:藝育会 会員 無料 / 非会員 2000円 / 学生 無料

お問い合わせ:藝を育むまち同好会事務局
       mail:info@geiikukai.com

藝を育むまち同好会

4月の25日に藝を育むまち同好会のキックオフイベントが開催されました!

記事は上野観光連盟様からの提供になります。まちのお歴々方が集う盛大なイベントとなりました。

先日『藝を育むまち同好会』のキックオフイベントが開催されました!

藝を育むまち…


そう、上野の街は東京藝術大学が近く、その上野界隈にある店舗等が一丸となって若手アーティストとともにまちの活性化を目指すプロジェクト。
上野は芸術、湯島は芸能、御徒町は工芸、秋葉原はテクノロジーアートといった、それぞれのまちが有する魅力を「藝を育むまち」として発信し、上野界隈のアートブランドイメージを築いていきます。
まちぐるみで若手アーティストとの恒常的なつながりを創出し、藝の発展を目標にしたまちづくりを目指す彼らのオープンな会です!

要は、これからはもっと気軽に、上野の至る所でたくさんのアート作品や音楽、伝統芸能、工芸品に出会えるんです!
このように、また、新たな角度から上野を盛り上げてくれることマチガイナシの、産まれたてホヤホヤの会です(*^3^)/~♡


キックオフイベントは、上野広小路交差点そばの『凮月堂』2階にある『KANAME』を貸し切り、藝を育むまち同好会の概要や収益モデルなどの解説、音楽の演奏やシタマチアートギャラリーの実演展示・販売が行われました(っ.❛ ᴗ ❛.)っ 

ご来場のみなさんも会のスタッフのみなさんも初めてのイベントにちょっぴり緊張の中、爽やかな音楽で幕開け♪ヽ(・ˇ∀ˇ・ゞ)

上野の街を代表する
当連盟 会長 二木忠男
上野中央通り商店会 会長 中村明彦様
湯島白梅商店会 会長 中村充様
のご挨拶があり本格的なスタートを切りました!!!!!!

美味しいお酒とお料理にみなさんの会話もはずみます!

様々な方々が出会い、コミュニケーションを取る中でまた新たな発想が生まれますねᕙ(͡°‿ ͡°)ᕗ

そして初回にもかかわらず、沢山の作品が売却されました!

これからまちのいたるところで、みなさんのお目にかかることでしょう╰(^3^)╯

個性的な作家さんたちと、それに負けないくらい個性的なまちの人達が(笑)
どんな科学反応を起こすのか今後が大いに楽しみです(☆▽☆)

私、つばさのオシは
なんと言っても会長の大道寺勇人さん↑↑↑
アイディアマンで、愛らしい見た目とおり♡
とーっても気さくで楽しい方です!
動画の最後にはムチャブリインタビューございますლ(´ ❥ `ლ)
会長さんを中心に、と〜っても楽しい同好会メンバーのみなさんのひょっこり登場もwww
ぜひお楽しみ下さい!

それではみなさん!
これからは藝術、芸能、工芸、テクノロジーアートとともに上野のまちをお楽しみ下さい(。•̀ᴗ-)✧
藝育会と覚えて下さいね(灬º‿º灬)♡

記事提供 上野観光連盟:https://ueno.or.jp/2019/04/21/

藝育ブログはじめました。

藝育会の活動報告や若手アーティストが日頃考えていること、旦那&女将衆が語る上野界隈のアート事情についてのブログです。

上野界隈の商店主と藝大生を中心とする若手アーティストが一致団結してアートの力で活気あるまちを作る共創の場づくりのきっかけを生み出せるようなブログを更新してまいります。